blog

ブログ

Allbirdsの気候変動対策に学ぶブランド戦略|セミナーレポート

Allbirdsの気候変動対策に学ぶブランド戦略|セミナーレポートの画像
  • Sayuri Takashima

    SDGs media編集者|株式会社Drop

    こんにちは。Allbirdsのバレエシューズ(ツリーブリーザー)を愛用しているSDGs media のTakashimaです。

SDGs media を運営する株式会社Dropでは、2022年4月21日に『【Allbirdsのブランド戦略】サステナビリティの社会性と経済性を両立させるヒントをお伝えします』と題したセミナーをWeWork LINKS UMEDA(大阪)で開催しました。

ゲストスピーカーは、2019年からAllbirdsのマーケティング本部長を務める蓑輪光浩(みのわ みつひろ)氏。

惜しくも参加できなかった方向けに、セミナーの内容をコンパクトにお届けします。

今回の記事はこんな人にオススメの内容です
  • セミナーの内容を知りたい
  • Allbirdsがどういうブランドか知りたい
  • Allbirdsのサステナブルな取り組みを知りたい

Allbirdsのブランド紹介

Allbirdsは、積極的なサステナブルな取り組みが評価されている、スニーカーなどを扱う世界で人気のライフスタイルブランドです。元ニュージーランド代表サッカー選手ティム・ブラウン氏と、再生可能分野のバイオテクノロジー専門家であるジョーイ・ズウィリンジャー氏の2人によって2016年に創業されました。

シューズ業界はナイロンやポリエステルなどの石油由来の素材を使用するため、大量の二酸化炭素を排出し、環境汚染の要因の1つになっています。

このような状況や業界の慣習に対して、Allbirdsは、サステナブルなシューズビジネスモデルを目指しています。天然由来素材の開発・環境に配慮した素材の使用などで製造時の環境負荷を抑えて、シンプルで履き心地の良い製品作りに力を注いでいます。

また、会社として、2025年までに製品の生産から廃棄における温室効果ガス排出量(カーボンフットプリント)を半減させ、2030年までにほぼゼロにすることを目標としています。

Allbirdsセミナー開催の経緯

今回のセミナー開催のきっかけを、この方に教えてもらいます。

  • 玉木 巧

    SDGsコンサルタント|株式会社Drop

    皆さん、こんにちは! SDGs mediaを運営する株式会社Dropの玉木です。今回のセミナー開催は、もともとAllbirdsのファンだった僕が、大阪のAllbirds期間限定ショップでアンバサダーとして働かせてもらっていることが関係しています。

    企業がSDGsに取り組むサポートをしている弊社とAllbirdsで何か一緒にできないかという話から、今回のセミナーが実現しました。

店舗概要
店舗名:Allbirds 大阪
住所:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪南館5F
期間:2022年2月3日(木)から 2022年8月31日(水)

セミナーレポート|Allbirdsのブランド戦略・取り組み

allbirds_画像1

ブランド戦略で大切な8つのポイントとは

allbirds_画像3

これまでNIKE JAPANやユニクロ、レッドブルなど、さまざまなブランドに関わってきた蓑輪さんがブランド戦略を考える際に大事にしている8点が紹介されました。

  1. ミッションを理解

  2. 課題と背景の認識

  3. 共感できるビジョンを描く

  4. 目標設定

  5. 自己認識

  6. ターゲットとするお客様を明確にする

  7. 伝わり方を設計する

  8. 課題解決へのアクション

会社のミッションを理解すること、人を引っ張っていけるようなビジョンを描くことの重要性や、ターゲット(ペルソナ)をジェンダー問わずチャーリーと呼んでいることなど、貴重なお話を聞くことができました。

次に、企業がSDGs達成に向けた取り組みを推進するヒントになる、企業ミッションに基づく具体的な取り組みをご紹介します。

Allbirdsのミッションとサステナブルな取り組み

allbirds画像4

Allbirdsは以下の企業ミッションとビジョンを掲げています。

ミッション:
”より良いことを、より良い方法で”
Better things in a better way

ビジョン:
ビジネスの力で気候変動を逆転させる

  • Sayuri Takashima

    SDGs media編集者|株式会社Drop

    ビジョンに含まれる『気候変動』という言葉は、ニュースなどで見聞きしたことがあると思いますが、まずこの意味を簡単に解説します。

現在、地球温暖化によって大雨や猛暑日などの異常気象や海面上昇が進行しており、今後さらに増加すると予測されています。このおもな原因はCO2排出量の増加だとされています。

こうした気候変動の影響による被害を回避・軽減するために、2015年に温室効果ガスの排出を削減するための国際的な枠組み「パリ協定」が採択されました。これにより、日本では脱炭素経営やESG経営の推進、再生可能エネルギーの導入拡大などの取り組みが推進され、世界的に脱炭素社会を目指しています。

  • Sayuri Takashima

    SDGs media編集者|株式会社Drop

    次に、セミナーで紹介されたAllbirdsが「ビジネスの力で気候変動を逆転させる」ために行っている具体的な取り組みを見ていきましょう。

この脱炭素社会を実現するために、Allbirdsは目標13番「気候変動に具体的な対策を」にもっとも注力しています。

その理由は、シューズ業界による環境負荷を軽減させる余地があるからです。具体的には、製造時に7億メトリックトンの温室効果ガスを排出していること、年間で約200億足が捨てられていることなどの状況が挙げられます。

具体的な取り組みとして、Allbirdsでは、すべての商品にカーボンフットプリントを記載しています。これにより、消費者自身が、購入した商品の生産から廃棄までに排出された温室効果ガス量を把握でき、消費者が環境負荷の少ない製品を選ぶ意識付けが行えます。

そして先述の通り、会社として2025年までに現状での2025年カーボン排出量の基準値(ベースライン)から製品ごとの排出量を半減、2030年までにほぼゼロにする目標を掲げています。

社内でもカーボンフットプリントの数値を念頭に置いて、製品を新しくする際に数値をどのように下げられるかを考えながら素材開発をしているとのことです。

また、Allbirdsは気候変動対策に1社だけで取り組むには及ぼす影響が小さいと考え、自社で開発した天然由来の素材を他社も使用できるようにオープンソースにしています。この結果、企業が環境負荷の少ない素材を使用するハードルが下がり、気候変動対策により大きなインパクトを与えられます。

その他に、AllbirdsはBコーポレーションFSC認証など認証取得も実施しています。

従業員だけでなくサプライヤーやお客様に配慮した事業活動を行ったり、製品のパッケージ・名刺・配布物も環境に負荷の少ないFSC認証の紙を使用したりするなど、サステナブルな製品開発以外の取り組みも積極的に行っています。

認証を取得することは自社だけでなく、サプライヤーの協力が必要でかなり大変です。しかし、認証された素材を使うことで企業の信頼性も高まります。

今回のお話から、Allbirdsのサステナビリティの取り組みは、気候変動に関するSDGsの目標13番だけでなく他の目標にも貢献しており、他社・サプライヤー・消費者にもインパクトを与えていることがわかりました。

Allbirds画像6

セミナー後には、Allbirdsの2020年サステナビリティレポートが希望者に配布されました。

Allbirdsがビジネスで気候変動対策として取り組んでいることがさまざまな数値から紹介されており、SDGsに関する情報発信の際にも参考になります。

インターネット上でも見られるので、興味がある方はぜひ見てみてくださいね。

Allbirds 2020 Sustainability Report(PDF)

まとめ

当日は約40名の方に参加いただき、イベント終了後に蓑輪さんと積極的にお話される姿を見ることができました。ご参加頂いた皆さん、ありがとうございます。

石油業界に次いで環境に負荷を与えているとされているアパレル業界のなかで、Allbirdsがサステナブルブランドとして世界から注目される理由を、蓑輪さんのお話から知ることができました。これからの取り組みにも注目していきたいですね。

banner_contact_SDGs media

お知らせ

ビジネスと人権セミナー

<特別セミナー>【ビジネスと人権】企業がいま向き合うべき人権の考え方

「ビジネスと人権」の考え方について、企業はどのように捉え、向き合っていくべきなのか、自分ごととして理解し実践していただくために、国内外の最新動向や事例も交えながら、わかりやすく解説します。

■日時:2022年5月26日(木) 13時00分~14時15分(入室開始12時55分)
■形式:Zoomウェビナー
 参加方法は下記の2つより選択可能
 ・リアルタイム開催
 ・アーカイブ配信
  ※リアルタイム開催にご参加いただいた方もアーカイブ配信いたします。
■料金:無料
■定員:リアルタイム開催:30名/アーカイブ配信:50名
■申込:こちらから申し込む▶
■アーカイブ配信の視聴期限:5月27日(金)10:00 〜5/30(月)13:00
※リアルタイム開催にご参加いただいた方もアーカイブ配信いたしますので、いずれかの参加方法をお選びください。


SDGs関連事業や企画の進め方・アイデアにお困りの方、日常的にできるアクションを知りたい方などに向けたセミナーのご案内です。

株式会社Drop(SDGs media 運営会社)が持つ、SDGsに関する豊富な事例や国際的なガイドラインの内容、これまで研修・コンサルティングで得てきた知見をもとに役立つ情報をお伝えします。

セミナーによって対象者は異なります。SDGs推進委員会や経営企画部の方だけでなく、企業がSDGsを実践する上で重要な存在である経営者・役員の方、個人で取り組みたい方まで幅広い方を対象に、SDGs情報をわかりやすく解説します。

実施中セミナーの内容
SDGsのすゝめ第1回SDGs基礎知識・外部環境の変化・SDGsに取り組むメリット・最新のビジネストレンド
SDGsのすゝめ第2回SDGs推進の全体像・自社が取り組む優先課題を決める方法・バリューチェーン分析の方法・マテリアリティを決める方法
SDGsのすゝめ第3回SDGs方針とは?・自社独自の成果目標の立て方・社外へのコミットメント方法・SDGs経営の定義
SDGsのすゝめ第4回自社のSDGs方針を全部門へ展開する方法・SDGs経営における経営層の役割・効果的にSDGs発信方法・SDGsウォッシュの回避
目標別講座SDGsの17目標から1つを取り上げて学ぶ

※2022年2月からSDGs入門セミナーと実践セミナー(前編・後編)は、SDGsのすゝめに名称変更しました。

各セミナーの開催日

[SDGsすゝめ第1回:企業がSDGsに取り組む重要性を理解する]
2022年5月10日(火)14時00分~15時30分
2022年6月7日(火)14時00分~15時30分

[SDGsすゝめ第2回:自社が注力するポイントを特定する]
2022年5月17日(火)14時00分~15時10分
2022年6月14日(火)14時00分~15時10分

[SDGsすゝめ第3回: 全社を巻きこむ非財務目標を設定する]
2022年5月24日(火)14時00分~15時10分
2022年6月21日(火)14時00分~15時10分

[SDGsすゝめ第4回:SDGs経営を確立し有益な情報を発信する]
2022年5月31日(火)14時00分~15時10分
2022年6月28日(火)14時00分~15時10分

[目標ごとに学ぶSDGs教養講座]
現在、日程を調整中です。開催が決まり次第、情報を更新します。

SDGsセミナーのレポート記事

受講前にセミナーの情報が知りたい場合は、以下のSDGsセミナー紹介記事をご覧ください。

セミナーのお申込みはこちら

各セミナーのお申し込みは、イベント情報Webサイト「Peatix」「こくちーず」で受け付けています。
お申し込みには、各Webサイトで会員登録が必要です。どちらで申し込んでも料金は同じなので、ご都合の良い方からお申し込みください。

Peatixでのお申し込みはこちら
こくちーずでのお申し込みはこちら
更新日:2022年04月27日

参考サイト:

RELATED POSTS

関連する記事

SDGsの資料請求はこちらから