blog

ブログ

SDGsレポートとは?企業の報告書として作成する基本知識と事例

SDGsレポートとは?企業の報告書として作成する基本知識と事例の画像

2015年に国連で採択されたSDGsは、年々、自治体・企業・個人の間で認知・取り組みが広まってきています。

企業・団体がSDGsの取り組みの1つに、SDGsレポートがあります。自社・自団体の取り組みを広めるために、SDGsレポートを作成されます。

今回の記事ではSDGsレポートの基本知識、作成の際に必要な情報を解説します。SDGs media では独自の調査をもとに作成した「SDGsレポートのはじめ方」という無料の資料を皆さまにご用意しています。

SDGsレポートへの理解を深めるために、この記事と資料をご活用ください。

今回の記事はこんな人にオススメです
  • SDGsレポートの意味や効果を知りたい
  • 企業がSDGsへの取り組みを発信する方法を知りたい
  • SDGsレポートの入手方法を知りたい

entry_banner

SDGsレポートとは

SDGsレポート1

SDGsレポートとは、自社のSDGs方針や取り組み内容、その結果などが記載された資料です。

ステークホルダーへの報告・コミュニケーションを目的に作成されるため、誰でも見られるようにWebサイトに公開されていることが多いです。

名称はSDGsレポートに限らず、SDGsブックやサステナビリティレポートなどさまざまです。

SDGsレポートに限らずこれまで企業が発行するレポートには、企業の社会や環境に対する取り組みを伝えるCSRレポートサステナビリティレポートなどがありました。

これらのレポートと比べて、SDGsレポートはよりSDGsの内容に特化したレポートであるという特徴があります。

昨今、企業に求められる社会的責任の範囲が、環境や人権・社会的などの面で広くなってきています。投資家・金融機関の投資判断から個人の消費行動にまで「企業のSDGsに対する捉え方や方針」が重視されています。このようなニーズに応える方法の1つとしてSDGsレポートが注目されているのです。

SDGsの取り組み報告は推奨されている

前述した社会からの要請に加えて、SDGsの取り組みを報告することは、企業の取り組みとして推奨されています。企業がSDGsを導入する際の行動指針にSDGコンパスがあります。

SDGコンパスは、国際的なNGOや団体によって作成された資料で、Web上に無料公開されています。この資料で示される企業がSDGsを導入するための5つのステップを、多くの企業・団体が参考に自社のSDGs推進を行っています。

SDGコンパス5つのステップ

5つのステップの5番目「報告とコミュニケーションを行う」で、企業のSDGsへの取り組みに関する重要な情報を報告することが推奨されています。

また、SDGsのターゲットでもSDGsの取り組み報告が推奨されています。

12.6

特に大企業や多国籍企業などの企業に対し、持続可能な取り組みを導入し、持続可能性に関する情報を定期報告に盛り込むよう奨励する。

統合報告書との違い

企業が発行するレポートとして統合報告書があります。これまで企業が作成・公表する報告書は、財務情報とプラスアルファの情報を任意で扱う年次報告書(アニュアルレポート)が主流でした。

しかし、これらのレポートでは、真に企業の将来的な価値が判断しづらくなってきました。その結果、登場したのが統合報告書です。統合報告書では、売上や資産などの財務情報とESGやSDGs、CSRなどの非財務情報が扱われます。

株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所が発表した「統合報告書発行状況調査2021 最終報告(PDF)」によると、2021年中に統合報告書を発行した企業は718社だとされています。発行企業数は年々増加しており、それに伴い統合報告書の認知度も上がっていることが予想されます。

SDGsレポートと統合報告書の違いは、2つあります。

1つ目は「財務情報の記載の有無」です。統合報告書には財務情報が含む必要があり、SDGsレポートには必要ありません。

2つ目の違いは、制作に際した国際基準の存在です。統合報告書には、IIRCフレームワークGRIスタンダードなどのフレームワークが存在し、読み手に配慮してこれらの基準を使用することが推奨されています。一方で、SDGsレポートの内容には、このような基準は存在しません。

各社の方針やレポート作成に割けるリソースなどから、どちらのレポートを作成するのか判断することをオススメします。

▶︎ ESG投資を詳しく知りたい方はこちら

SDGsレポートを作成する3つのメリット

SDGsレポート2

SDGsレポートを作成して公表することで得られるメリットは3つあります。

  1. 積極的にSDGsへの取り組みを行う企業だと認識される
  2. 社内への進捗報告として活用できる
  3. 商談相手・取引先に効率よく情報共有ができる

それぞれについて見ていきましょう。

1. 積極的にSDGsへの取り組みを行う企業だと認識される

自社でSDGs方針・目標を立てて取り組みを進めていても、その情報を公表しなければ認知されにくいです。自社のSDGs方針・取り組み内容・進捗状況などをレポートにして公表すれば、そのレポートを読んだステークホルダーからSDGsへの取り組みに前向きな企業だと認識してもらえます。

対外的にSDGsへの取り組みが伝わり評価されれば、取引や採用面での効果が見込めます。ただし、取り組み内容やレポートの質が不十分であれば、高い評価にはつながらない点に注意しましょう。

2. 社内への進捗報告として活用できる

SDGsへの取り組みを全社的に行っていても、継続的に情報を伝えていかなければ、社員一人ひとりが自社のSDGsへの取り組み状況を把握できません。自社に関するSDGs情報をまとめたSDGsレポートは、社員が自社のSDGsへの取り組みを知るツールにもなります。

株式会社ワークポートが発表したSDGsに関するアンケート調査によると、「現在勤務中もしくは、直近まで勤務していた企業で、SDGsの推進に繋がる取り組みをしているか」という設問に対して26.6%がわからないと回答しました。

この結果から、社内に対して適切な情報発信を行わないことで、取り組み状況が社員に浸透していないケースがあることが読み取れます。

SDGsレポートによって取り組みの社内認知度が上がれば、働きやすさや社会貢献を志向する社員の離職を抑制する効果も見込めるでしょう。

3. ステークホルダーとパートナーシップを結ぶキッカケになる

SDGsレポートで自社の方針・目標・取り組みなどを発信すれば、それを読んだステークホルダーから何らかの反応があります。その反応のなかに、たとえば同業他社から業界をより良くするための協業や、取引先から新商品の共同開発などパートナーシップにつながるものがあるかもしれません。

SDGsレポートを作成する理想的なタイミング・時期

SDGsレポートを作成・公表する時期に、特に決まりはありません。目安としては、報告に十分な量の取り組みを進める必要を考慮して、1年に1度程度作成・公表することが望ましいです。

最初に公表するタイミングは、自社のSDGs方針・目標が決まってから1年ほどが経過した時期がオススメです。

公表のタイミングは、SDGコンパスの5つのステップから考えてみましょう。

SDGコンパス5つのステップ

自社のSDGs方針・目標が決まるのは、ステップ3「目標を設定する」です。その後、SDGs目標・方針に対して全社的に取り組むために社内浸透・取り組みプロジェクトの立ち上げ・パートナーシップによる協業などのステップ4「経営へ統合する」に向かっていきます。

取り組みを進める中でたどり着くのが、最後のステップ5「報告とコミュニケーションを行う」です。ここがSDGsレポートを作成するタイミングです。作成・公表に向けて担当部署・担当者を決めて、スケジュールを組み、制作を進めていきましょう。

SDGsレポートに必要な情報

SDGsレポート内に含める情報には、特に決まりがありません。そのため、作成する企業によって掲載されている情報は異なります。

自社で必要な情報を判断できるため作りやすいレポートだと考えられるものの、SDGsレポートのクオリティが低ければ、SDGsの本質を捉えていないと判断されてしまうおそれがあります。

後述する「SDGsレポートのはじめ方」を作成するに当たり、さまざまなSDGsレポートを調べた結果、レポート作成時に大切にすべきことは以下の2点です。

  • SDGsをレポートの軸に据えて内容を整理する
  • 読者がSDGsに関する情報を見つけやすく工夫する

また、各社のSDGsレポートやSDGコンパスのステップ5を踏まえると、以下の項目をSDGsレポートの内容候補にすることをオススメします。

  • SDGs宣言
  • 社長・代表者のメッセージ
  • 取り組みの体制
  • 自社バリューチェーンの分析
  • 自社の優先課題に関するSDGsの目標番号・ターゲット
  • SDGsの取り組みの目標と進捗状況
  • 自社の目標達成に向けた実施方法
  • ステークホルダーとの協働内容

SDGsレポートの事例

SDGsレポートの内容やデザイン(見せ方)を考える上で、他社のSDGsレポートが参考になります。また、SDGsレポートでなくとも統合報告書内のSDGsを扱う部分も同様に利用できます。

ここではSDGs media がオススメする3社のレポートを紹介します。内容の詳細はそれぞれのレポートでご確認ください。

ひかり味噌株式会社のSDGsレポート(2021)

ひかり味噌株式会社_SDGsレポート2021年度

▶ひかり味噌株式会社のSDGsレポートを見る(PDF)

コマニー株式会社の統合報告書(2021)

コマニーグループ統合報告書2021

▶コマニー株式会社の統合報告書を見る(PDF)

リクルートホールディングスのレポート(Inside Out 2021)

株式会社リクルートホールディングス_InsideOut2021

▶リクルートホールディングスのレポートを見る(PDF)

無料の資料「SDGsレポート」をご活用ください

ここまでのSDGsレポートの解説に加えて、SDGs media がリサーチして作成した無料の資料「SDGsレポートのはじめ方」も、ぜひご活用ください。

「SDGsレポートのはじめ方」は下記内容構成で構成されています。

  • SDGsレポートの基本情報
  • SDGsレポートの内容
  • 200社の企業レポートから読み解くSDGsの時流
  • 参考にしたい企業事例

「SDGsレポートのはじめ方」をはじめとしたSDGs関連の資料をご希望の方は、下記よりお問い合わせください。

entry_banner

まとめ

最後まで読んでもらえれば、SDGsレポートの概要・メリット、作成のポイントなどを理解してもらえたのではないでしょうか。

SDGsレポートの作成が始まるのは、企業・団体でSDGs方針・目標が決まって一定期間以上の取り組みを行ってからです。そこがまだの場合は、まずは取り組みを推進していきましょう。

SDGs取り組みの準備方法や、そもそもなぜ企業がSDGsに取り組む必要があるのか? といった疑問に対しては、以下の記事をオススメします。

▶企業とSDGs|企業がSDGsに取り組む理由・必要性とは?

SDGs media を運営する株式会社Dropでは、企業のSDGs導入支援取り組みへのアドバイザリーなどSDGsに関するサービスを提供しています。

自社だけではSDGsの取り組みが難しい場合や、これまでの取り組み内容や方針に不安がある場合などサポートなどが必要でしたら、ぜひお問い合わせください。

banner_contact_SDGs media

お知らせ

SDGs関連事業や企画の進め方・アイデアにお困りの方、日常的にできるアクションを知りたい方などに向けたセミナーのご案内です。

株式会社Drop(SDGs media 運営会社)が持つ、SDGsに関する豊富な事例や国際的なガイドラインの内容、これまで研修・コンサルティングで得てきた知見をもとに役立つ情報をお伝えします。
セミナーによって対象者は異なります。SDGs推進委員会や経営企画部の方だけでなく、企業がSDGsを実践する上で重要な存在である経営者・役員の方、個人で取り組みたい方まで幅広い方を対象に、SDGs情報をわかりやすく解説します。

New [中小企業向け] 脱炭素経営セミナー共催決定|10月19日(水)14:00〜15:30

スコープ3とは?中小企業でも算定が必要なケースと手段を解説_F

Believe Technology株式会社 代表取締役 渡邊 信太郎氏を講師に迎え、中小企業向けにスコープ1,2,3までのCO2排出量の算定方法をレクチャーするセミナーを開催します。
CO2排出量算定の基礎から応用までをわかりやすく、実践的にお伝えするので、
脱炭素経営やSDGs・サスティナブル推進・ESG対策に取り組みたい中小企業の経営者や担当者の皆さまにオススメです。
※本セミナーは実践的な内容のため、10/13(木) 11:00から開催の入門セミナー [無料] に参加の上、今回の実践セミナーにご参加いただくことを推奨します。

New 「ビジネスと人権」セミナー開催決定|10月21日(金)14:00〜15:15

220916_人権セミナーアイキャッチ

国内外で、企業に対して人権への取り組みを促す動きが本格化しています。
このような世の中の変化を踏まえて、企業活動にかかわる方々が人権尊重を自分ごととして理解・実践していくために、
企業が「ビジネスと人権」に取り組む方法やポイントを、国内外の動向や企業事例も交えながら、わかりやすく解説します。
自社で人権に取り組むことが決まった方/検討している方、サステナビリティ・人事・総務・調達など 社内外の人権に関連する業務の担当者にオススメです。
※今回お申し込みいただいた方には、事前に視聴URLをお送りする入門セミナーで「ビジネスと人権」に関する基本知識を学習した上で、本セミナーに参加されることを推奨します。
※本イベントはビジネスパーソンを対象にした基礎的な内容のイベントになりますが、興味・関心のある方はどなたでもご参加いただけます

New 【オンライン】優先課題を特定するワークショップ|11月9日(水)14:00〜16:30

本ワークショップでは、企業のSDGs推進に不可欠なガイドライン「SDGコンパス」のステップ2に含まれる「優先課題の決定方法」が体験できます。
架空の企業を設定して、参加者同士のグループワークを通して、その企業の優先課題を決定することを目指します。このワークショップで学んだ優先課題の決定方法は、自社の優先課題の決定に役立てられます。

実施中セミナーの内容
SDGsのすゝめ第1回SDGs基礎知識・外部環境の変化・SDGsに取り組むメリット・最新のビジネストレンド
SDGsのすゝめ第2回SDGs推進の全体像・自社が取り組む優先課題を決める方法・バリューチェーン分析の方法・マテリアリティを決める方法
SDGsのすゝめ第3回SDGs方針とは?・自社独自の成果目標の立て方・社外へのコミットメント方法・SDGs経営の定義
SDGsのすゝめ第4回自社のSDGs方針を全部門へ展開する方法・SDGs経営における経営層の役割・効果的にSDGs発信方法・SDGsウォッシュの回避
カーボンニュートラル・脱炭素経営セミナー

気候変動がビジネスに及ぼすリスクについて・カーボンニュートラルに関わる基礎知識、CO2削減に取り組む方法・中小企業がカーボンニュートラルに取り組むメリット・企業事例

ビジネスと人権

「ビジネスと人権」の基本知識・企業における人権尊重のあり方・人権方針や人権デュー・ディリジェンスの概要・企業における人権教育

優先課題を特定するワークショップ

バリューチェーン上にあるリスクを洗い出す方法・優先的に取り組む課題の分析方法・ステークホルダーヒアリングの活用方法・自社でバリューチェーン分析をする際のフロー

※2022年2月からSDGs入門セミナーと実践セミナー(前編・後編)は、「SDGsのすゝめ」に名称変更しました。

各セミナーの開催日

[中小企業向け・カーボンニュートラル入門セミナー(無料)]
2022年10月13日(木)11:00〜11:50

New [中小企業向け・脱炭素経営セミナー(無料)]
2022年10月19日(水)14:00〜15:30

New [企業向け・人権への取り組み方がわかるセミナー]
2022年10月21日(金)14:00〜15:15

[SDGsすゝめ第1回:企業がSDGsに取り組む重要性を理解する]
2022年11月1日(火)14:00〜15:30
※本セミナーでは、事前に撮影した録画映像を配信いたします。ライブ配信とは異なりますので予めご了承ください。

[SDGsすゝめ第2回:自社が注力するポイントを特定する]
2022年11月8日(火)14:00〜15:10

[SDGsすゝめ第3回: 全社を巻きこむ非財務目標を設定する]
2022年11月18日(金)14:00〜15:10

[SDGsすゝめ第4回:SDGs経営を確立し有益な情報を発信する]
2022年11月30日(水)14:00〜15:10

[目標ごとに学ぶSDGs教養講座]
現在、日程を調整中です。開催が決まり次第、情報を更新します。

SDGsセミナーのレポート記事

受講前にセミナーの情報が知りたい場合は、以下のSDGsセミナー紹介記事をご覧ください。

セミナーのお申込みはこちら

各セミナーのお申し込みは、イベント情報Webサイト「Peatix」「こくちーず」で受け付けています。
お申し込みには、各Webサイトで会員登録が必要です。どちらで申し込んでも料金は同じなので、ご都合の良い方からお申し込みください。

Peatixでのお申し込みはこちら
こくちーずでのお申し込みはこちら
更新日:2022年10月06日

entry_banner

参考:

RELATED POSTS

関連する記事

SDGsの資料請求はこちらから