blog

ブログ

[サービス紹介]SDGs eラーニング|マイペースで学べる社員研修サービスをリリース

[サービス紹介]SDGs eラーニング|マイペースで学べる社員研修サービスをリリースの画像

SDGs media を運営する株式会社Dropは、2021年3⽉に企業向けSDGs eラーニングサービスをリリースしました。このサービスは、企業がSDGsの基礎を理解する研修の1つとして活用できます。

これまで企業に対して行ってきたSDGsコンサルティングサービスや研修事業で得た知見を、SDGs eラーニングサービスに盛り込みました。

今回の記事では、SDGs eラーニングサービスの概要と企業のSDGsへの取り組み前に基礎知識を理解しておく重要性について紹介します。

今回の記事はこんな人にオススメです
  • SDGsを学びたいビジネスパーソン
  • 社内でSDGsへの取り組みを始めようと考えている経営者
  • SDGs研修を探している企業のSDGs推進担当者

SDGs eラーニングのサービス概要

まずはSDGs eラーニングサービスの概要として、提供されるコンテンツ内容・料金・お問い合わせ先を紹介します。

SDGs eラーニングのコンテンツ内容

SDGs eラーニングのコンテンツは、音声解説付きスライドと動画の2種類を用意しています。

音声解説付きスライド

SDGs eラーニング 音声解説付きスライド例

1本10分程度の音声解説付きスライドが3種類あります。内容は、SDGsの全体像が把握できる「SDGsとは」「社会の潮流」「ビジネスとSDGs」です。

動画

SDGs eラーニング内容例

1本3分から5分程度の動画が17本あります。1つの動画で1トピックを扱っているので、興味のある内容の動画から学び始められます。

コンテンツで扱う内容例
  • SDGsの基本知識と概要
  • ⼤⼈より⼦どもの⽅がSDGsに詳しい理由
  • 学校教育とSDGsの関係性
  • ESG投資の基本知識と概要
  • SDGsに取り組む企業のメリット
  • SDGsに取り組まない企業のデメリット
  • 企業のSDGs取り組み事例
  • 就活⽣の企業選び基準とSDGsの関係性

SDGs eラーニングサービスの料⾦体系

SDGs eラーニングサービスの料⾦は、従業員数によって変動します。⾦額は25万円から75万円です。従業員数別の金額は以下の表をご確認ください。従業員数は、グループ会社・子会社を含まない1社の人数とします。

1名〜99名25万円(税抜)
100名〜199名30万円(税抜)
200名〜299名35万円(税抜)
300名〜399名40万円(税抜)
400名〜499名45万円(税抜)
500名〜599名50万円(税抜)
600名〜699名55万円(税抜)
700名〜799名60万円(税抜)
800名〜899名65万円(税抜)
900名〜999名70万円(税抜)
1,000名以上75万円(税抜)

オプション

(グループ会社に展開する場合)

+30万円(税抜) 

※従業員数、グループ会社数に関わらず展開いただけます

SDGs eラーニングサービスの問い合わせ先

SDGs eラーニングサービスのお問い合わせ・お申し込みは、以下の公式ページ下部に設置されている問い合わせフォームをご利⽤ください。

URL:https://e-learning.sdgs.media/

SDGsへの取り組み初期に基礎を学ぶ重要性

企業がSDGsに取り組む際の参考になる国際的なガイドライン「SDGコンパス」をご存知ですか?

この資料では、5つのステップでSDGsへの取り組み手順が解説されており、その最初のステップが「SDGsを理解する」です。そのため、自社でSDGsへの取り組みを始める際には、どの企業でも経営層や推進担当者がSDGsの基礎知識を得るために勉強を始めます。

初期の段階で、経営層や推進担当者が同程度のSDGs知識を得ることは、スムーズな推進に欠かせません。企業のSDGs推進において社内の中心を担う経営層とSDGs推進担当者のあいだで、SDGsに関する知識量や理解度に違いがあると、以下のような問題が発生しやすくなります。

知識量・理解度の違い発生しやすい問題
経営層 > 推進担当者
  • 経営層だけがSDGsに関心を持つと、経営層と推進担当者で自社取り組みへの認識がズレる
  • 他の業務と兼務するケースが多い推進担当者が、業務過多や押し付けられたと感じ反感を持つ
  • 経営層でSDGs推進方針が決まっても、推進担当者の理解が不足すると一般社員による実行が伴わない
経営層 < 推進担当者
  • 経営層から既存事業がSDGsに貢献していると言いくるめられて、具体的な施策を打てない
  • 動き始めたいが前例のない動きに対して決裁が下りず、同業他社に倣い体裁だけ整えて終わってしまう
  • 経営戦略にSDGsが組み込まれず、本業と関係ない環境活動やボランティアに終始する

 

SDGsの知識量・理解度によるギャップが原因で起こるこのような問題を避けて、スムーズに自社のSDGsへの取り組みを行うためには、初期にSDGsへの理解を深める・揃えることが重要です。

SDGsの勉強方法はさまざま! eラーニングが最適な状況とは?

SDGsの勉強方法はさまざまです。書籍やWebサイトを読む、オンラインセミナーを受講する、講師を招き自社研修を行うなど、2019年4月に弊社が創業した頃と比べると学ぶ手段は増えてきています。

これらの手段でも十分SDGsの基礎を理解できますが、どの手段も万能というわけではありません。

それぞれの勉強方法に対して、起こりうる課題を整理しましょう。

勉強方法起こりうる課題
書籍・Webサイト
  • 適切な教材を選ぶには一定の知識が必要
  • 読むスピードや理解力が個々人で異なり、理解度が合わせにくい
  • わからないことがあっても質問できない

セミナー

(オンライン込み)

  • 業務時間中にセミナー参加する時間を捻出する必要がある
  • 話を聞くだけの一方的な講義は集中が保ちにくい
  • 途中で内容や用語がわからなくなると、内容についていけない
講師を招いた研修
  • 講師料や研修費用など他の方法よりも費用がかかる
  • 講師や研修会社を探すのに手間がかかる
  • ひとつの場所に集まり受講すれば、感染リスクが高まる

それでは、今回ご紹介してるSDGs eラーニングは、どのような企業に合うのでしょうか?

短期間に全社的にSDGsの基礎を学ぶなら eラーニングがオススメ

わたしたちが提供するSDGs eラーニングは、これから自社でSDGsを取り組む段階の企業様にオススメです。

ご提供期間が30日間と期限が設けられている点が特徴です。そのため、短期間でコンテンツを見終わろう、理解を深めよう、と強制力が働きやすくなります。

視聴可能なデバイスは、パソコン・スマートフォン・タブレットと複数あり、移動中や仕事の合間などちょっとした空き時間にも学習可能です。そのため社員一人ひとりが自身のペースで学んでいきやすく、外回りが多い社員も含めて社内にSDGsの基礎知識を浸透させやすい作りになっています。

SDGs eラーニングサービス提供前後には、SDGs理解度を測るアンケートを実施します。eラーニング学習後のアンケートでは、学ぶ上で疑問を持った点や聞きたいことなどの声を集めて、頂いた質問に対する回答をまとめて納品します。このアンケートによって、SDGs eラーニングの導入効果の測定と学習理解度を深めるアフターサポートの2点が実現するのです。

SDGs eラーニングアンケート内容

SDGs eラーニングサービスの問い合わせ先

ここまでご紹介してきたSDGs eラーニングサービスのお問い合わせ・お申し込みは、以下の公式ページ下部に設置されている問い合わせフォームをご利⽤ください。本サービスが貴社のSDGsへの取り組みの第一歩として、役立てて頂ければ嬉しいです!

URL:https://e-learning.sdgs.media/

RELATED POSTS

関連する記事

SDGsの資料請求はこちらから