blog

ブログ

SDGsロゴの使用許可とルール|営利目的や商業用途の見極め方

SDGsロゴの使用許可とルール|営利目的や商業用途の見極め方の画像

さまざまな企業の名刺やWebサイト・パンフレットなどで、SDGsのロゴを見かける機会が増えてきました。自社のWebサイトやプレスリリース用としてSDGsのロゴを使うために、国際連合広報センターのWebサイトでガイドラインを確認した方も多いのではないでしょうか。

しかし、ガイドラインを読んだ多くの方から共通したご相談を頂きます。それは「情報目的と商業用途の見極めが分からない」という内容です。

そこで今回の記事では、SDGsのロゴの基本知識、使用ルール・注意点、使用許可を取る方法、事例から考えるSDGsロゴの使用ルール、よくあるNG使用方法について解説します。

今回の記事はこんな人にオススメの内容です
  • 自社商品にSDGsのロゴを付けていいのか迷っている
  • 営利目的や商業用途の見極め方が分からず、戸惑っている
  • SDGsのロゴを上手く活用し、効果的な発信をしたい

SDGsのロゴの種類

SDGsポスター

みなさんがよく目にしているこちらの画像。これは「SDGsポスター」と呼ばれる、これから紹介する3種類のロゴを集結させたものです。なお、SDGsのロゴには正式名称があるので、3種類のロゴを正式名称でご紹介します。

SDGsロゴ

SDGsロゴ見出し

SDGsの正式名称である「Sustainable Development Goals」のロゴをSDGsロゴと呼びます。SDGsロゴには縦型と横型の2種類があり、青い文字のカラー版以外にも黒色版や白色版の使用も認められています。

SDGsカラーホイール

SDGsカラーホイール

SDGsカラーホイールは、SDGsバッジなどで使われる円状のロゴです。街なかや電車内の広告・ポスター、名刺などでSDGsカラーホイールを見かけたことがある方も多いでしょう。

17のアイコン

sdgs17アイコン

SDGsの17目標に関わるアイコンです。17のアイコンはピクトグラムが作られており、これには字の読めない人でも分かるようにという思いが込められています。カラー版以外にも、反転カラー版や白黒版の使用が認められています。

SDGs3種類のロゴとユニークなロゴ2種類のダウンロード方法

SDGsポスター、SDGsロゴ、SDGsカラーホイール、17のアイコンは、国際連合広報センターのWebサイトからダウンロードできます。

国際連合広報センターのWebサイトはこちら

17のアイコンの反転カラー版

反転カラー

17のアイコンの反転カラー版は使用が認められていますが、国際連合広報センター内にはダウンロード用画像が用意されていません。

もし、必要な方はSDGs mediaで作成した画像を提供しますので、お問い合わせフォームよりご連絡してください。

動く17のアイコン

ここで、17のアイコンに関して知っている人が少ない情報をご紹介します。実は、17のアイコンには下記のように動くアイコンがあります。

E_GIF_01

E_GIF_17

これらのロゴは国連公用語である英語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語、アラビア語の6言語に変わっていきます。

このデータをダウンロードするには、国連本部のWebサイト(リンク先へ飛びます)へアクセスしてください。ページ中頃の「SDG POSTER AND INDIVIDUAL GOALS FOR WEB AND PRINT」の下に並ぶ17のアイコンを探しましょう。(以下の画像参照)

17のアイコンからダウンロードしたいものに、マウスを合わせるとダウンロードボタンが表示されます。クリックすると圧縮ファイルのダウンロードが開始されます。ファイル内の .gif 形式のファイルが動くアイコンです。

この情報を知っている方は少ないので、ぜひ同僚や取引先との話題にご活用ください。

SDGsロゴの用途と使用許可の方法

SDGsロゴは、自社のパンフレットやWebサイト、名刺などに使用されるケースが多いです。しかし、SDGsロゴの用途によっては使用許可が必要なので注意しましょう。

国際連合広報センターのガイドラインによると、SDGsロゴなどの用途は以下の3点とされています。

  • 情報目的
  • 資金調達目的
  • 商業用途

それぞれの使用許可が必要な用途と許可申請方法について見ていきましょう。

SDGsロゴ使用許可が必要な「資金調達目的」「商業用途」と申請方法

「資金調達目的」と「商業用途」でSDGsロゴを使う場合に限り、国連本部の認可が必要です。

資金調達目的:SDGsを支援する活動の費用を賄うための資金調達を意図する使用

商業用途(営利目的):営利企業による商業的もしくは販促用商品・製品における使用

認可(使用許可)申請の方法

国連本部のアドレス SDGpermissions@un.org 宛に下記内容をメールする

  • 用途がSDGsの目的に合致しているか
  • サステナブルなビジネスの実践と素材について
  • 商品とSDGsの整合性を具体的に明記

※国連本部に直接連絡をするので、やり取りはすべて英語です。

資金調達目的や商業用途による使用認可を取得するハードルはとても高いとされています。2020年3月にSDGs mediaが国際連合広報センターに電話で確認したところ、商業用途で認可を受けた日本企業はいまだにゼロだと教えていただきました。

情報目的なら使用許可なしでSDGsロゴが使用できる

情報目的に限り、国連の認可を取得せずに自由にロゴを使用できます。情報目的とは、非商業的で、資金調達を意図しない使用のことを指し、SDGsを普及させる認知が目的であれば、国連の許可を取らずに使用しても問題ありません。

SDGsのセミナーを開催するためのチラシや、企業が社外にSDGsの取り組みをアピールするWebサイトや名刺などへの使用は情報目的に該当します。

商業用途と情報目的を見極めるポイント

情報目的なら使用許可がいらないとはいえ、自社商品にSDGsのロゴを使いたい場合、その用途が商業用途か情報目的のどちらに該当するのか判断に自信を持てないことがあります。そこでSDGsロゴ使用の事例をもとに、SDGs mediaが調査し、そこから導いた用途を見極めるポイントをご紹介します。

事例:SDGsロゴ入りのラッピング自動販売機

2019年7月に宮城県東松島市のゴルフ場に、SDGsロゴおよび17のアイコンがプリントされた自動販売機が設置されました。宮城県東松島市はSDGs未来都市にも選定されており、市民に対してSDGsをもっと身近に感じていただこうとこのロゴ入り自動販売機が設置されました。

そして、こちらの自動販売機は農林水産省食料産業局のSNSでも紹介されています。

View this post on Instagram

食品事業者の取組~飲み物を買うときもSDGs  宮城県東松島市は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に意欲的に取り組む「SDGs未来都市」のひとつです。  同市で清涼飲料の販売を行う株式会社ミチノク(アサヒ飲料グループ)は、SDGsをもっと市民の皆さんに身近に感じていただこうと、SDGsラッピングをほどこした自動販売機を設置しています。(矢本海浜緑地休養施設において2019年7月撮影)  #SDGs #持続可能な開発目標 #SDGs未来都市 #宮城県 #東松島市 #asahi #アサヒ飲料 #アサヒ飲料グループ #ミチノク #清涼飲料 #自動販売機 #食品事業者の取組 #飲み物を買うときもSDGs #食品産業 #農林水産省 #食料産業局

A post shared by 農林水産省 食料産業局 【公式アカウント】 (@cheer_up_japanese_food) on

しかし、このような疑問を抱く方がいるのではないでしょうか?

「この自動販売機で商品を購入すると商売が成立し、商業用途に該当するのでは?」

実は、SDGs mediaも同じ疑問を抱き、農林水産省食料産業局に「この自販機は商業用途に該当しないのか?」と電話で確認しました。すると、このような返事をいただきました。

自動販売機のジュース1本1本にSDGsのロゴは付いていない。あくまで、認知拡大を目的に自動販売機のSDGsのロゴを利用しており、商業用途に該当はしないと判断した。

この回答を聞けば、商業用途に該当しないことに納得できます。ちなみに、阪急電車や山手線でもSDGsのロゴでラッピングされた車両がありますが、これらも商業用途ではなく、あくまで認知拡大を目的にした企業の取り組みです。

事例から考えるSDGsロゴの使用ルール

紹介した事例のように、SDGsロゴや17のアイコンの用途が「情報目的」であると論理的に説明ができれば、国連本部に使用許可を取る必要がありません。

一方で、SDGsロゴを商品につけて商品価値を向上させ、消費者の購買意欲をかきたてる行為は「商業用途」に該当しますので国連本部への許可申請をして許可される必要があります。

ただし、中小企業であれば現実的に「情報目的」に寄せていく戦略がベターです。その際には、無理やり「情報目的」に当てはめにいくとSDGsウォッシュを招く危険性がありますので、くれぐれもご注意ください。

よくあるSDGsロゴの間違った使い方

SDGsのロゴの使い方には、禁止事項とされている使い方があります。その中でも特に間違いが多い使い方についてご紹介します。

SDGsカラーホイールの中に、別ロゴを入れる

SDGsngロゴ

カラーホイール内には、企業ロゴや17のアイコンを入れることが禁止されています。

色がついた背景の使用

背景ng

SDGsロゴは、白またはライトグレーの背景でのみ使用が認められています。

企業ロゴとSDGsロゴを横並びに表示

横並びng

横に並べて表示する場合は、「(企業名/私たち)は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。」という所定の文言を添えなければいけません。

ロゴ使用のガイドライン

SDGsのロゴの使用方法については、他にも細かなルールがあります。誤った使い方をしないように、発信前には国際連合広報センターが定めている「カラーホイールを含むSDGsロゴと 17のアイコンの使用ガイドライン(PDF)」をご確認ください。

まとめ

今回は、SDGsの発信する際に気をつけるべき「ロゴの使い方」についてご紹介しました。せっかく、SDGsの発信をするのに、ガイドラインを違反することは避けたいですよね。そのため、本記事だけではなく、国際連合広報センターの「カラーホイールを含むSDGsロゴと 17のアイコンの使用ガイドライン(PDF)」にも必ず目を通しましょう。

また、SDGsのロゴを使えば、効果的な発信につながるわけではありません。企業としてSDGsに取り組む意義や目標などを一緒に発信することが求められます。SDGsのロゴを使った上辺だけの発信にならないよう、SDGs mediaで用意している「SDGsレポートのはじめ方」「SDGs宣言をつくるための教科書」の2つの資料を参考にして、SDGsの発信にお役立てください。

また、自社だけでSDGsの発信内容を考えるのが難しい方は、SDGs mediaの運営社である株式会社Dropまでお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

 

参考サイト:

 

RELATED POSTS

関連する記事

SDGsの資料請求はこちらから