blog

ブログ

SDGsロゴ|ダウンロード方法・使用ルール・必要な許可申請を解説

SDGsロゴ|ダウンロード方法・使用ルール・必要な許可申請を解説の画像

さまざまな企業の名刺やWebサイト・パンフレットなどで、SDGsのロゴを見かける機会が増えてきました。そのため、SDGsロゴのデータをダウンロードして自社でも利用したいと考えている人も、増えてきているでしょう。

また、自社のWebサイトやプレスリリース用としてSDGsのロゴを使うために、国際連合広報センターのWebサイトでロゴ使用のガイドラインを確認した方も多いのではないでしょうか。

しかし、ガイドラインを読んだ多くの方から共通したご相談を頂きます。それは「情報目的と商業用途の見極めが分からない」という内容です。

そこで今回の記事では、SDGsのロゴの基本知識、ダウンロード方法、使用ルール・注意点、使用許可の申請方法、間違った使い方について解説します。

今回の記事はこんな人にオススメの内容です
  • SDGsロゴの種類を知りたい
  • SDGsロゴをダウンロードして利用したい
  • 自社商品にSDGsのロゴを付けていいのか迷っている
  • 営利目的や商業用途の見極め方が分からず、戸惑っている
  • SDGsのロゴを上手く活用し、効果的な発信をしたい

国連への許可申請が不要なSDGsオリジナルロゴの事例・使用メリット・作成のコツをまとめた記事も公開しています。こちらも合わせてご覧ください。

entry_banner

SDGsのロゴの種類

SDGsポスター

みなさんがよく目にしているこちらの画像。これは「SDGsポスター」と呼ばれる、これから紹介する3種類のロゴを集結させたものです。なお、SDGsのロゴには正式名称があるので、3種類のロゴを正式名称でご紹介します。

SDGsロゴ

SDGsロゴ見出し

SDGsの正式名称である「Sustainable Development Goals」のロゴをSDGsロゴと呼びます。SDGsロゴには縦型と横型の2種類があり、青い文字のカラー版以外にも黒色版や白色版の使用も認められています。

SDGsカラーホイール

SDGsカラーホイール

SDGsカラーホイールは、SDGsバッジなどで使われる円状のロゴです。街なかや電車内の広告・ポスター、名刺などでSDGsカラーホイールを見かけたことがある方も多いでしょう。

17のアイコン

sdgs17アイコン

SDGsの17目標に関わるアイコンです。17のアイコンはピクトグラムが作られており、これには字の読めない人でも分かるようにという思いが込められています。カラー版以外にも、反転カラー版や白黒版の使用が認められています。

SDGsロゴのダウンロード方法|国連広報センターのWebサイトで可能

こちらの見出しでは、SDGsロゴがダウンロードできる場所と方法と、先程紹介したSDGsロゴとは異なるユニークなSDGsロゴデータのダウンロード方法を紹介します。

通常のSDGsロゴは国連広報センターのWebサイトでダウンロードできる

先程ご紹介した、SDGsポスター・SDGsロゴ・SDGsカラーホイール・17のアイコンは、国際連合広報センターのWebサイトからダウンロードできます。

ファイル形式は、SDGsポスターとSDGsロゴはPDFファイル、SDGsカラーホイルと17のアイコンはPDFとPNG形式で用意されています(2020年11月現在 aiデータは存在しません)。ダウンロードデータは、通常のカラフルなカラー版と白黒版のどちらもあります。

SDGsロゴがダウンロードできる国際連合広報センターのWebサイトはこちら

 

ユニークな2種類の17のアイコンをダウンロードする方法

次に、上記の国連広報センター内ではダウンロードできない、ユニークな2種類の17のアイコンをダウンロードする方法を紹介します。

17のアイコン反転カラー版のダウンロード

反転カラー

17のアイコンの反転カラー版は使用が認められており、国際連合広報センターのWebサイト内でダウンロード可能です。

必要な方は以下のURL先からダウンロードしてください。

SDGsのアイコン(反転)|国連広報センター

動く17のアイコンのダウンロード

17のアイコンには下記のように動くアイコンがあります。これを知っている人は非常に少ないです。

E_GIF_01

E_GIF_17

これらのロゴは国連公用語である英語、フランス語、スペイン語、中国語、ロシア語、アラビア語の6言語に変わっていきます。

このデータをダウンロードするには、国連本部のWebサイト(リンク先へ飛びます)へアクセスしてください。ページ中頃の「SDG POSTER AND INDIVIDUAL GOALS FOR WEB AND PRINT」の下に並ぶ17のアイコンを探しましょう。(以下の画像参照)

17のアイコンからダウンロードしたいものに、マウスを合わせるとダウンロードボタンが表示されます。クリックすると圧縮ファイルのダウンロードが開始されます。ファイル内の .gif 形式のファイルが動くアイコンです。

この情報を知っている方は少ないので、ぜひ同僚や取引先との話題にご活用ください。

SDGsロゴの用途と使用許可の方法

SDGsロゴは、自社のパンフレットやWebサイト、名刺などに使用されるケースが多いです。しかし、SDGsロゴの用途によっては使用許可が必要なので注意しましょう。

国際連合広報センターのガイドラインによると、SDGsロゴなどの用途は以下の3点とされています。

  • 情報目的
  • 資金調達目的
  • 商業用途

それぞれの使用許可が必要な用途と許可申請方法について見ていきましょう。

SDGsロゴ使用許可が必要な資金調達目的・商業用途と申請方法

資金調達目的商業用途でSDGsロゴを使う場合に限り、国連本部の認可が必要です。

資金調達目的:SDGsを支援する活動の費用を賄うための資金調達を意図する使用

商業用途(営利目的):営利企業による商業的もしくは販促用商品・製品における使用

認可(使用許可)申請の方法

国連本部のアドレス sdgpermissions@un.org 宛に下記内容をメールする

  • メールの件名は「SDG LOGO/ICON REQUEST」とする
  • アイコンやロゴの使用方法や用途を簡潔に示す
  • アイコンやロゴの入ったサンプルや試作品を添える
  • 用途がSDGsの目的に合致していることを説明する
  • サステナブルなビジネスの実践と素材について示す
  • 商品とSDGsの整合性を具体的に明記する

※国連本部に直接連絡をするので、やり取りはすべて英語です。

資金調達目的や商業用途による使用認可を取得するハードルはとても高いとされています。

2020年9月にSDGs mediaが国際連合広報センターにメールで確認したところ、商業用途で認可を受けたケースとして「有料書籍へのSDGsロゴの使用や電車のSDGsラッピングで認められたケースを承知している。しかし、国連本部で判断される申請案件を知り得ないケースもある」と教えていただきました。

情報目的なら使用許可なしでSDGsロゴが使用できる

情報目的に限り、国連の認可を取得せずに自由にロゴを使用できます。

情報目的とは、非商業的で、資金調達を意図しない使用のことを指し、SDGsを普及させる認知が目的であれば、国連の許可を取らずに使用しても問題ありません。

商業用途と情報目的を見極めるポイント

情報目的なら使用許可がいらないとはいえ、自社商品にSDGsのロゴを使いたい場合、その用途が商業用途か情報目的のどちらに該当するのか判断に自信を持てないことがあります。

そこで国際連合広報センターに掲載されているSDGsロゴ使用に関するQ&Aの内容から用途を見極めるポイントをご紹介します。

2020年9月時点で、SDGsロゴ使用に関する資料は、カラーホイールを含むSDGsロゴと17のアイコンの使用ガイドライン(2019年8月改訂版)と前述のQ&A(2020年7月公開)の2つです。

Q&Aの内容と2020年9月にSDGs mediaが国際連合広報センターにメールで確認した情報を元に、国連本部からの許可が必要な使用例と許可が不要な使用例を以下の表に整理しました。

許可が必要な使用例許可が不要な使用例
名刺や個別企業の製品パッケージ事例を示すことが目的のプレゼン資料・年次報告・会社資料など
参加費を徴収するイベントに関するもの(チラシ・招待状・バナー・ポスターなど)報道機関(新聞・雑誌・TV・Web)の情報目的の利用
印刷出版物(書籍・教科書など)

基本的には、特定の製品・サービス・活動に対する国連の支持を示唆する形や、自己宣伝・財務利益の獲得が目的の場合には、許可なしでSDGsロゴを使用することが禁じられています。

また、許可が不要な使用の場合でもガイドラインに沿った使用方法が求められます。

SDGs media はSDGsロゴの使用許可を出す権利を持っていません

こちらのSDGsロゴに関する解説記事をご覧いただいた方から、「弊社でSDGsロゴを使用したいので許可してもらいたい」「SDGsロゴの掲載許可は必要か?」などのお問い合わせを頂く機会が増えてきました。

繰り返しになりますが、SDGsロゴの使用において情報目的なら使用許可が不要で、資金調達目的・商業用途であれば国連に自ら連絡をして許可を得なければなりません。

つまり、わたしたちSDGs media には、ロゴ使用の許可を出す権利がありません。あくまでも、国連広報センターのWebサイトで公開されているSDGsロゴに関する使用ガイドラインとQ&Aの内容を、わかりやすく解説しているに過ぎません。その点を予めご了承ください。

よくあるSDGsロゴの間違った使い方

SDGsのロゴの使い方には、禁止事項とされている使い方があります。その中でも特に間違いが多い使い方についてご紹介します。

SDGsカラーホイールの中に、別ロゴを入れる

SDGsngロゴ

カラーホイール内には、企業ロゴや17のアイコンを入れることが禁止されています。

ちなみに、SDGs media が気になったカラーホイール内にキティちゃんが描かれている以下のカラーホイールについて、国連広報センターの見解を2020年9月にメールで求めると、「サンリオと国連本部がしかるべきプロセスを経て連携した結果として実現したケース」だと回答を受けました。

また、同様にきかんしゃトーマスとカラーホイールが合わさった映像が映し出されている以下の動画も、国連広報センターからキティちゃんの事例と同様の理由で実現したケースだと確認をしています。

色がついた背景の使用

背景ng

SDGsロゴは、白またはライトグレーの背景でのみ使用が認められています。

企業ロゴとSDGsロゴを横並びに表示

横並びng

横に並べて表示する場合は、「(企業名/私たち)は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。」という所定の文言を添えなければいけません。

ロゴ使用のガイドライン

SDGsのロゴの使用方法については、他にも細かなルールがあります。誤った使い方をしないように、使用前には国際連合広報センターが定めているカラーホイールを含むSDGsロゴと 17のアイコンの使用ガイドライン(PDF)と、SDGsロゴに関してよく寄せられる質問(FAQ)(PDF)を必ずご確認ください。

entry_banner

まとめ

今回は、SDGsの発信する際に気をつけるべき「ロゴの使い方」についてご紹介しました。

せっかく、SDGsの発信をするのに、ガイドラインを違反することは避けたいですよね。そのため、本記事だけではなく、前述したガイドラインとよく寄せられている質問にも必ず目を通しましょう。

また、国連への許可申請が不要、商用利用や資金調達目的などの目的で自由に使用できるSDGsオリジナルロゴの作成を検討している企業・団体は、ぜひ「SDGsオリジナルロゴ事例|企業・自治体が活用するメリットと制作のコツ」もご覧ください。

わかりやすくSDGsオリジナルロゴの事例・使用メリット・作成のコツをまとめていますので、ご活用ください。

 

お知らせ

SDGs関連事業や企画の進め方・アイデアにお困りの方、日常的にできるアクションを知りたい方などに向けたセミナーのご案内です。

株式会社Drop(SDGs media 運営会社)が持つ、SDGsに関する豊富な事例や国際的なガイドラインの内容、これまで研修・コンサルティングで得てきた知見をもとに役立つ情報をお伝えします。
セミナーによって対象者は異なります。SDGs推進委員会や経営企画部の方だけでなく、企業がSDGsを実践する上で重要な存在である経営者・役員の方、個人で取り組みたい方まで幅広い方を対象に、SDGs情報をわかりやすく解説します。

New [中小企業向け] 脱炭素経営セミナー共催決定|10月19日(水)14:00〜15:30

スコープ3とは?中小企業でも算定が必要なケースと手段を解説_F

Believe Technology株式会社 代表取締役 渡邊 信太郎氏を講師に迎え、中小企業向けにスコープ1,2,3までのCO2排出量の算定方法をレクチャーするセミナーを開催します。
CO2排出量算定の基礎から応用までをわかりやすく、実践的にお伝えするので、
脱炭素経営やSDGs・サスティナブル推進・ESG対策に取り組みたい中小企業の経営者や担当者の皆さまにオススメです。
※本セミナーは実践的な内容のため、10/13(木) 11:00から開催の入門セミナー [無料] に参加の上、今回の実践セミナーにご参加いただくことを推奨します。

New 「ビジネスと人権」セミナー開催決定|10月21日(金)14:00〜15:15

220916_人権セミナーアイキャッチ

国内外で、企業に対して人権への取り組みを促す動きが本格化しています。
このような世の中の変化を踏まえて、企業活動にかかわる方々が人権尊重を自分ごととして理解・実践していくために、
企業が「ビジネスと人権」に取り組む方法やポイントを、国内外の動向や企業事例も交えながら、わかりやすく解説します。
自社で人権に取り組むことが決まった方/検討している方、サステナビリティ・人事・総務・調達など 社内外の人権に関連する業務の担当者にオススメです。
※今回お申し込みいただいた方には、事前に視聴URLをお送りする入門セミナーで「ビジネスと人権」に関する基本知識を学習した上で、本セミナーに参加されることを推奨します。
※本イベントはビジネスパーソンを対象にした基礎的な内容のイベントになりますが、興味・関心のある方はどなたでもご参加いただけます

New 【オンライン】優先課題を特定するワークショップ|11月9日(水)14:00〜16:30

本ワークショップでは、企業のSDGs推進に不可欠なガイドライン「SDGコンパス」のステップ2に含まれる「優先課題の決定方法」が体験できます。
架空の企業を設定して、参加者同士のグループワークを通して、その企業の優先課題を決定することを目指します。このワークショップで学んだ優先課題の決定方法は、自社の優先課題の決定に役立てられます。

実施中セミナーの内容
SDGsのすゝめ第1回SDGs基礎知識・外部環境の変化・SDGsに取り組むメリット・最新のビジネストレンド
SDGsのすゝめ第2回SDGs推進の全体像・自社が取り組む優先課題を決める方法・バリューチェーン分析の方法・マテリアリティを決める方法
SDGsのすゝめ第3回SDGs方針とは?・自社独自の成果目標の立て方・社外へのコミットメント方法・SDGs経営の定義
SDGsのすゝめ第4回自社のSDGs方針を全部門へ展開する方法・SDGs経営における経営層の役割・効果的にSDGs発信方法・SDGsウォッシュの回避
カーボンニュートラル・脱炭素経営セミナー

気候変動がビジネスに及ぼすリスクについて・カーボンニュートラルに関わる基礎知識、CO2削減に取り組む方法・中小企業がカーボンニュートラルに取り組むメリット・企業事例

ビジネスと人権

「ビジネスと人権」の基本知識・企業における人権尊重のあり方・人権方針や人権デュー・ディリジェンスの概要・企業における人権教育

優先課題を特定するワークショップ

バリューチェーン上にあるリスクを洗い出す方法・優先的に取り組む課題の分析方法・ステークホルダーヒアリングの活用方法・自社でバリューチェーン分析をする際のフロー

※2022年2月からSDGs入門セミナーと実践セミナー(前編・後編)は、「SDGsのすゝめ」に名称変更しました。

各セミナーの開催日

[中小企業向け・カーボンニュートラル入門セミナー(無料)]
2022年10月13日(木)11:00〜11:50

New [中小企業向け・脱炭素経営セミナー(無料)]
2022年10月19日(水)14:00〜15:30

New [企業向け・人権への取り組み方がわかるセミナー]
2022年10月21日(金)14:00〜15:15

[SDGsすゝめ第1回:企業がSDGsに取り組む重要性を理解する]
2022年11月1日(火)14:00〜15:30
※本セミナーでは、事前に撮影した録画映像を配信いたします。ライブ配信とは異なりますので予めご了承ください。

[SDGsすゝめ第2回:自社が注力するポイントを特定する]
2022年11月8日(火)14:00〜15:10

[SDGsすゝめ第3回: 全社を巻きこむ非財務目標を設定する]
2022年11月18日(金)14:00〜15:10

[SDGsすゝめ第4回:SDGs経営を確立し有益な情報を発信する]
2022年11月30日(水)14:00〜15:10

[目標ごとに学ぶSDGs教養講座]
現在、日程を調整中です。開催が決まり次第、情報を更新します。

SDGsセミナーのレポート記事

受講前にセミナーの情報が知りたい場合は、以下のSDGsセミナー紹介記事をご覧ください。

セミナーのお申込みはこちら

各セミナーのお申し込みは、イベント情報Webサイト「Peatix」「こくちーず」で受け付けています。
お申し込みには、各Webサイトで会員登録が必要です。どちらで申し込んでも料金は同じなので、ご都合の良い方からお申し込みください。

Peatixでのお申し込みはこちら
こくちーずでのお申し込みはこちら
更新日:2022年10月06日

 

entry_banner

 

参考サイト:

 

RELATED POSTS

関連する記事

SDGsの資料請求はこちらから